ケーブルテレビやインターネット・ケーブルプラス電話のお申込みは諫早ケーブルテレビ株式会社へ!各種サービスを地域密着のサービスで、快適にご利用頂けます!

アクセスカウンター

アクセスカウンターの設置

お客様のホームページの公開の際のお手伝いとして、アクセスカウンターを準備いたしました。ここでは、ホームページビルダーをサンプルにしてアクセスカウンタを自分のコンテンツ内に反映させる方法を紹介しています。他のプログラムや手書きの場合でも、これから推察して応用されてください。

例)ホームページビルダーの場合

  1. ホームページビルダーを起動。
    下記の例では、「あなたはXXXXX番目のお客様です。」と表示する場合を紹介しています。右図のようにホームページビルダーの標準編集画面で文字列を入力してください。
図1.ホームページビルダー画面
図1.ホームページビルダー画面
  1. HTMLソースを変更。
    図1の「HTMLソース」と書かれたタブの部分をClickします。そうすると、右図のようにHTML言語のソースコードが表示されます。ここに直接HTML言語を入力しています。
図2.ホームページビルダーHTMLソース画面
図2.ホームページビルダーHTMLソース画面

コードの書き込み
HTMLのソースコード中に、カウンタ用のHTMLコードを書き込みます。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN">
<HEAD>
<META name="GENERATOR" content="IBM HomePage Builder 2001 V5.0.3 for Windows">
<TITLE></TITLE>
</HEAD>

<p>
あなたは
番目のお客様です。
</p>

←この部分にカウンタ用の
HTMLコードを書き込みます。

  1. HTMLソースを変更の詳細。
図3.ホームページビルダーHTMLソース画面変更後
図3.ホームページビルダーHTMLソース画面変更後

上の例では、「あなたは」と「番目のお客様です。」の間にカウンタ用のHTMLコードを挿入しています。

<img src="/cgi-bin/cmfcount.cgi?mode=count&name=○○○○&beam=◇&img=△">

  1. ○は、お客様のWEBユーザID名を設定してください。
    ホームページ用の会員書に乗っているWEBユーザID
  2. ◇は、カウンタの桁数を入力してください。(1~9桁まで)
  3. △は、カウンターのデザインを決めます。(A~zまでの一文字)

<img src="/cgi-bin/cmfcount.cgi?mode=count&name=test&beam=6&img=b">

上は、testというユーザIDで6桁のカウンタをデザインbで設置した場合のサンプルです。
これで出来た表示例が下の図4になります。

  1. カウンター表示の確認。
    前述で作成されたHTMLファイルをFTP転送プログラムでWWW Serverへ転送してアクセスしてみます。右図のように表示されれば成功です。
access04

カウンターサンプル。
カウンターのデザインの一覧を紹介します。
<img src=.....img=ここの部分>

access05

諫早市福田町18-23 TEL 0957-22-1193 FAX:0957-23-5071【受付時間】月~土 9:00~20:00/日・祝 9:00~18:00